2019年1月16日

メトロの駅名は語る 112


Miromesnil
ミロメニル(9、13号線)

ルイ16世の大臣、ミロメニル侯爵にちなんだ駅名。

ルイ16世の時代の法務大臣、ミロメニル侯爵
(1723-1796)

優れた法律家でルイ16世の時代に法務大臣になったミロメニルですが、革命がおきる2年前に辞職し、ノルマンディー地方で引退生活を送ります。

1789年12月29日に開催された名士会。
ミロメニル侯爵はこの会に出席するほど国王から信頼されていました。

国王に仕えていたために革命時に捕まり一時期監獄ですごします。その後ノルマンディー地方の故郷に落ち着きますが、温厚で人情味が深いミロメニルは、医者やパン屋などを住まわせ住民のために貢献していました。恵まれない人々のために遺産も寄付したほど、心優しい人物だったのです。

72歳の生涯を閉じたのは16世紀に建築されたミロメニル城で、人柄がよく貧しい人の味方だったために、彼の城は革命家の略奪を逃れたのでした。その後持ち主が何度かかわり、フランスの文豪モーパッサンが1830年8月5日にこのシャトーで生まれています。

ミロメニルの名前はエリゼ宮殿近くの道路にも残っていて、マリー・アントワネットが心を寄せていたスウェーデン伯爵フェルセンが暮らしていた邸宅が31番地にあり、今でも残っていまが、現在工事中。あまり変わらないことを期待しているのですが、どうなるでしょう。

フェルセンが一時期暮らしていた邸宅。
ミロメニル通りに面した部分。

中庭とその奥の建物。
フェルセンがどちらの建物に暮らしていたかは不明。



フェルセンがこの邸宅に暮らしていたのは、革命が起きた1789年だったとされています。その後この近くのマティニョン大通りの館に移ります。そこで国王一家の逃亡の計画を練っていたのですが、残念なことにその建物は当時の面影はまったくなく、画廊になっています。

2019年1月15日

パリの犬たち 190

これってお散歩といえるの?

寒いけれど健康のために公園に行こうねってママンに言われて、
喜こんでお出かけしたのに、
30分歩いたら「あ~疲れた、ねむ~い」とベンチに座って動かない。

こんなのお散歩じゃないワ~ン。

クンクン甘え声を出しても、
ワンワン騒ぎ声を出しても、
ちっとも目を覚まさないママン。

新しい年になったばかりなのに、今年一年が心配。

2019年1月14日

メトロの駅名は語る 111

Saint Philippe du Roule
サン・フィリップ・デュ・ルール(9号線)

聖人フィリップに捧げた教会がこの駅名の由来です。
この界隈には13世紀からルール村があり、そこに聖人フィリップを称える小さな礼拝堂が建てられたのは17世紀。18世紀にルール村がパリの仲間入りし、その際に礼拝堂の代わりに教会が建築されることになりました。

初期の教会。

国王ルイ15世から寄付金も受けましたが、資金不足で工事が大幅に遅れ完成を見たのはルイ16世の時代。


ルイ16世の時世に完成したサン・フィリップ・デュ・ルール教会

建築家はジャン=フランソワ・シャルグランで、ルイ16世様式を代表する多くの建造物を残しています。そのひとつがサン・フィリップ・デュ・ルール教会。古代ギリシャ・ローマ風のネオクラシックの建築様式が大きな特徴です。

サン・フロランタン伯爵邸宅。

この教会の他にコンコルド広場近くに建築した、サン・フロランタン伯爵の邸宅もシャルグランの名を高めたもので、現在のサン・フロランタン通りにありました。伯爵亡き後数人の貴族の住まいとなり、華やかな社交が繰り広げられていました。現在はアメリカ大使館の一部となっています。

サン・フロランタン通りには大好きな「虎屋」があり、時々友人とランチを楽しんでいます。

2019年1月13日

バーゲンのシーズンだけど・・・

バーゲンで活気が満ちる1月中旬のパリ、と言いたいけれど、今年はちょっと違う。通常土曜日は、ショッピングで大変な賑わいのデパートだけれど、肝心のお買い物の人より機動隊の車のほうが目立つ。

デパートの横手に機動隊の車が勢ぞろい。


通常土曜日は、ショッピングを楽しむ人で身動きできないのに、
寂しいくらいの人出。機関銃を持った男性が視線を走らせます。
歩道では、機関銃を手にユニフォームに身を包む凛々しい男性たちが目を光らせている。焼きグリの屋台も「どいてどいて」と追い払われているし、空ではペリコプターがブルンブルンと大きな音をたてながら旋回。このように、とてもショッピング気分ではない。

それというのも「黄色いベスト」運動が続ているから。
今彼らが要求しているのは、市民がイニシアティヴをとる国民投票(RIC)。
すでにこれを実施している国もあり、上手くいっているとの報道もあるけれど、フランスでどうなるか。

来週はちょうどパリコレの時期。毎週土曜日に「黄色いベスト」のデモがあるので、予定を変更したメゾンもある。このように様々な分野に被害が拡大しています。

2019年1月9日

TOYOで新年会


ここがお馴染みのお席。
おいしく、楽しく、話題豊富な新年会でした。

大好きなTOYOで高田賢三さん、マーシーと新年をお祝いしました。まずは当然シャンパーニュで乾杯。
「明けましておめでとうございます。今年もよろしく」
と、親しくてもきちんと新年のご挨拶。とっても日本的でいい。

賢三さんも私もシャンパーニュをいただく量が年々少なくなっています。その代わり、その後のレッドワインはたっぷりいただきました。

話題は何といってもカルロス・ゴーンと黄色いベスト。話が進むに連れて熱気がこもり、次々に出されるお料理をいただきながら、約3時間の間話が途切れません。トランプも話題になったし、中国、マクロン大統領、メイ首相と本当に内容豊かでいつまでもおしゃべりが終わりません。

ひらめとキャビアのお料理。それに続いたのが
アンコウのフライ
あわびとグリーンアスパラ
お餅入りコンソメ
お肉、トリュフ、クレソンのお料理。
その後は炊き込みご飯 (あまりにも美味しいので私だけおかわり)
2種類のデザート
キンカン茶・・・

今年はどのような年になるか検討もつきません。1月にはいくつか華やかなイヴェントがありますが、それでパリに今までのような活気が生まれるといいというのが共通の意見。それと、いつまでも人生の目的を持っていようという心がけも共通。

今年もカレンダーがいっぱいになるように、変化に富んだ年でありたいです

2019年1月8日

「黄色いベスト」騒ぎ

昨年11月17日から始まった黄色いベスト運動は、昨年末のクリスマスと年末に動きが静まったかのように思えましたが、今年1月5日に再度盛り返し、一体いつになったら解決するのか、ちょっと不安な状態です。

当初の燃料値上げに反対する運動が、その後またたく間に広がり、現政府反対の声があげられ、今では国事を政治家にまかせておけない、自分たちも政治に参加するのだとまでエスカレート。デモの度に大きな被害が起き、その修理はどうなるのか、費用が莫大なだけに気になります。

黄色いベスト運動のリーダーのひとりは、何とドルーエという人。1789年に革命が起き、国王一家が身分を隠して逃亡を試み、後一歩で成功するかのように思えたヴァレンヌで、一家の身分を見破ったのがドルーエ。

本人はまったく関係ないと語っていますが、一般国民の運動から革命が起き、王政が廃止され、国民によって国が統治されるようになったことを思うと、何となく関連性があるようにも思える。

銀行やブティック、レストランなどが防衛のためにベニヤ板を張り巡らしたり、傷ついたガラスがそのまま残っているのを見るにつけ、今後どのような展開を示すか心配です。経済が大きな影響を受けないといいけれど。パリの、フランスのイメージがダメージを受けないことを切実に願っています。

この澄み切った空と美しいバラのような、誰もを幸せにする国に戻って欲しいです。


2019年1月4日

メトロの駅名は語る 110

Alma-Marceau
アルマ・マルソー(9号線)

クリミア半島で繰り広げられたアルマの戦いと、マルソー将軍の名を冠しています。

黒海の北にあるクリミア半島の領土をめぐって、ロシア帝国軍とトルコ帝国軍の間で激戦が交わされたのは1853年から1856年にかけてです。

大帝国を築き威勢を誇っていたトルコ帝国でしたが、年々勢力が衰え、それに目をつけたロシア帝国がトルコ領だったクリミア半島を奪おうと戦いをしかけたのです。

アルマの戦い。
右がフランス軍、左がイギリス軍。

窮地に陥ったトルコを援助したのはフランスとイギリス。このクリミア戦争でロシアと連合軍の最初の激戦となったのがアルマ川での戦いで、1854年9月20日に始まり連合軍が大勝利を得ます。

若き英雄フランソワ=セヴラン・マルソー将軍
(1769-1796)

マルソーは革命時の将軍で、1789年7月14日、バスティーユが襲撃された際に、自分たちを守るために形成された民兵組織、国民衛兵に入りました。その最高司令官はアメリカ独立戦争で活躍し、国民に圧倒的な人気があったラファイエット。

実力が認められたマルソーは、矢継ぎ早に様々な重要な地位につき、革命を非難する外国との戦いでめざましい活躍をします。

戦地のマルソー。

共和国を守るために戦いの先頭にたち、兵士たちに勇気を与えつつ快勝を続けていたマルソーでした。けれどもドイツのコブレンツ近くのアルテンキルヒェンで、オーストリア軍の銃に打たれ、それが元で27歳の若く惜しい生涯を閉じます。1796年9月21日でした。

敵弾に倒れたマルソー。

フランス軍はもちろん、
宿敵オーストリア軍指揮官カール大公でさえもマルソーの死を悼み、
立派な葬儀が行われコブレンツに葬られました。

敵のオーストリア軍司令官は、マリー・アントワンットの甥で、当時皇帝だったフランツ2世の弟カール大公でした。それまでのマルソーの秀でた活躍を知っていたカール大公は、負傷した彼を手厚く看護させましたが、そのかいもなく世を去ったのです。壮烈な最期を閉じた英雄を、敵とはいえ敬意を示すためにカール大公が立派な葬儀を行ったのは、異例のことでした。それほどマルソーは優れた軍人だったのです。

パリの凱旋門に死の床のマルソーの感動的なレリーフがあります。

1889年、フランス革命100年記念の年に、革命の若き英雄マルソーの遺体はパリのパンテオンに移されました。